【花粉症の名医リスト】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
    
- スポンサード リンク -
   
 
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、花粉症の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用ください。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

(花粉症治療の名医一覧) 
※花粉症の舌下免疫療法を受けられる全国の病院リストはこちらです。

★北海道・東北エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
高橋光明 たかはし耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック(北海道)
 旭川赤十字病院前部長、中耳炎とメニエール病治療も得意、HPなし
白崎英明 札幌医科大学附属病院(北海道)
 花粉症等のアレルギー性鼻炎治療の第一人者
松原篤 弘前大学医学部附属病院(青森県)
 2005年より全国に先駆けて舌下免疫療法を開始!
鈴木直弘 鈴木耳鼻咽喉科・アレルギー科医院(宮城県)
 スギ花粉症を4つのタイプに分け、きめ細やかな治療を行う
 
★関東エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
大久保公裕
日本医科大学附属病院(東京都)
 花粉症治療において日本を代表する存在の名医
遠藤朝彦 遠藤耳鼻咽喉科・アレルギークリニック(東京都)
 大学病院に勤務していた名医が、品川区五反田で診療、HPなし
陣内賢 陣内耳鼻咽喉科クリニック(東京都)
 花粉症の漢方薬治療で知られている名医
大西正樹 大西耳鼻咽喉科(東京都)
 専門は鼻アレルギーでカナダの大学にも留学、HPなし
野原修 野原耳鼻咽喉科医院(東京都)
 症状や重症度に応じて手術治療あるいは減感作療法などを行う
久保伸夫 サンフィールドクリニック(東京都)
 耳鼻咽喉科、アレルギー疾患、鼻の手術を専門としています
山越隆行 うたせ耳鼻咽喉科・ アレルギー科(千葉県)
 極力薬を使わず患者に負担のない治療を心がける、HPなし
増山敬祐 山梨大学医学部附属病院(山梨県)
 花粉症の薬物・免疫・手術療法を得意とするエキスパート

(参考リンク)
花粉症の舌下免疫療法を受けられる全国の50病院
花粉症の舌下免疫療法の費用、副作用と治療開始時期

花粉症治療のポイント
 「花粉症かな?」と思ったら、まずは病院で診察してもらうのが賢明です。
 花粉症は、スギ花粉の飛散量が多くなる2月中旬から症状が出始め、3月第1週と2週の間くらいにピークを迎えると言われています。
 症状が出る前に抗ヒスタミン薬など基本となる薬を飲み始めるのが良いですが、ピーク時には、ベースとなる薬の他、ステロイド点鼻薬や目薬などほかの薬も追加した方が良いでしょう。
 最近は完治を目指す療法として、舌下免疫療法が注目を集めていますが、副作用を起こす可能性もありますので、医師の管理の下で治療を進めてい
く必要があります。
(スポンサードリンク)


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)大久保公裕 花粉症(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)

   

 
★中部・北陸・東海エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
内藤健晴 藤田保険衛生大学病院(愛知県)
 花粉症などのアレルギー疾患に詳しいドクター
伊藤博隆 いとうひろたか耳鼻咽喉科アレルギー科(愛知県)
 中国南京での勤務を経て、2002年愛知県で開業
宇佐神篤 うさみクリニック(静岡県)
 東北大学医学部卒、大学病院等を経て2001年に開業、HPなし
 
★関西エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
荻野敏
大阪大学医学部付属病院(大阪府)
 花粉症の名医として、書籍やメディアで名前の挙がるドクター
竹中洋 大阪医科大学付属病院(大阪府)
 花粉症の権威、現在は大阪医科大学の学長を務める
大橋淑宏 大橋耳鼻咽喉科・アレルギー科医院(大阪府)
 花粉症の治療において大阪のみならず全国的に知られる専門医
榎本雅夫 りんくう総合医療センター(大阪府)
 日本の花粉症研究の第一人者と言われています(非常勤)
久保伸夫 ザ北浜タワー耳鼻咽喉科皮膚科クリニック(大阪府)
 花粉のシーズンになると花粉と一緒に全国を飛び回る名医
坂倉康夫 鈴鹿回生病院(三重県)
 花粉症の名医、現在鈴鹿回生病院の名誉院長
湯田厚司 ゆたクリニック(三重県)
 アレルギーのエキスパート、2005年より舌下免疫療法を開始
 
★中国・四国エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
岡野光博
岡山大学病院(岡山県)
 薬物療法のほか減感作療法や内視鏡による手術も行う
藤枝重治 福井大学医学部附属病院(福井県)
 主にアレルギー性鼻炎の研究と頭頸部がん治療を行う
 
★九州・沖縄エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
宗信夫
宗耳鼻咽喉科医院(福岡県)
 花粉症の名医として、メディアでも名前が挙がるドクター
神崎順徳 熊本総合病院(熊本県)
 花粉症の名医、現在熊本総合病院耳鼻咽喉科・頭頚部外科部長
黒野祐一 鹿児島大学病院(鹿児島県)
 鼻アレルギー治療の名医で舌下免疫療法にも造詣が深い

⇒ 耳鼻咽喉科の名医インデックスへ戻る

 


●花粉症の超名医、大久保公裕先生
(プロフィール・実績)
・1984年日本医科大学卒業
・1988年同大学院耳鼻咽喉科卒業
・1989年~1991年アメリカ国立衛生研究所留学
・2000年日本医科大学 耳鼻咽喉科准教授
 日本を代表する耳鼻咽喉科の名医として知られています。
 専門領域は鼻腔生理学、免疫アレルギー学で、鼻腔生理学では鼻腔の炎症である慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎はもちろん、目の下の骨折や涙の溜まる涙嚢の手術等を鼻腔から内視鏡的に行なっています。
 なるべく侵襲の少ない手術を行い、少ない入院日数で退院できることを心がけています。
(スポンサードリンク)
 花粉症を含むアレルギー性鼻炎の新しい免疫療法の開発を行なっており、なかでも“花粉症を治す”を合言葉に舌下抗原特異的免疫療法(減感作療法)を倫理委員会の承諾をとって臨床試験として行い、成果を挙げています。スーパードクター.comより抜粋)


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)大久保公裕 花粉症(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)

   

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止