【泌尿器の名医リスト】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
 当サイトでは、名医と言われる全国のドクターを病名別に紹介しています。定期的に情報のメンテを行っていますが、医師の異動等の情報がございましたら、お知らせいただけると幸いです。
- スポンサード リンク -
  
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、泌尿器の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用ください。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

(泌尿器の名医一覧) 
★全国
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
永尾光一
●得意分野…男性不妊症、ED、陰茎形成術、尿道形成術
東邦大学医療センター大森病院(東京都)
 マイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域(主に陰茎・陰嚢)の形成外科的手術を得意としています。また、男性不妊症、EDの治療にも精通しています。
澤村正之
●得意分野…尿路性器感染症
新宿さくらクリニック(東京都)
 尿路性器感染症の治療を専門医としています。その評判から全国より難治性の重症患者が病院を訪れています。治療だけではなく精神的ダメージのケアもしています。
田邉一成
●得意分野…腎移植
東京女子医科大学病院(東京都)
 一般の泌尿器外来(尿路感染症等)の他、腎移植、前立腺がん等の尿路腫瘍、小児泌尿器、男性不妊、性機能障害、尿失禁、婦人泌尿器疾患などの専門外来を行っています。
斉藤史郎
●得意分野…前立腺がん、尿路悪性腫瘍
東京医療センター(東京都)
 先天奇形、男性不妊、腎移植を除いた泌尿器科全般の診療を行う。前立腺がん治療において全国屈指の症例数を誇っており、また小線源療法において国内随一の経験と実績を誇る。
泌尿器の名医その1はこちらです。


泌尿器の治療について
 泌尿器では、いったん網膜が剥離し始めると、剥離の範囲は徐々に広がっていきます。
 そして、剥離とともに網膜の機能が失われていき、放置すれば失明にいたることもあります。
 網膜が剥離している範囲や程度によって、治療は大きく2つに分かれます。
 泌尿器の範囲が限られているものに関しては、レーザー光線を網膜に当てることで、泌尿器の進行を食い止める、レーザー光凝固術を施行します。
 これは、一旦剥がれた網膜をくっつける治療ではなく、泌尿器をレーザーの土手を網膜上につくることで、剥離の進行を抑える治療になります。レーザー後、特に生活のうえでの制限はありません。
(スポンサードリンク)
 網膜の中心部が剥がれているような泌尿器の場合、レーザーでは治療はできません。入院のうえ、手術加療が必要となります。

(情報リンク)漢方薬でがんの治療はもっと楽になる(がん研有明病院の取組について) 

●国立大学法人鹿児島大学と共同開発の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。
 米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。
 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)泌尿器 名医(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)

⇒ ステージ4・ステージ3からのがん治療
⇒ 日本の名医リスト一覧トップへ

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止