【リウマチ・膠原病の名医】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
    
- スポンサード リンク -
   
免疫力アップで辛く苦しいリウマチを克服!
 リウマチの克服に不可欠な免疫力のアップ! 自然治癒力を高め、崩れた免疫のバランスを元に戻す物質を東京大学の研究グループが発見し、リウマチでお悩みの方に一筋の光明が差しました。辛いリウマチでお悩みの方は、こちらのサイトをご覧ください。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  
 
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、リウマチ・膠原病の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用下さい。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

 我が国におけるリウマチの患者数は、約70~80万人と言われています。中でも関節リウマチが、いわゆるリウマチ性疾患の中で最も患者数が多くなっています。
 リウマチは聞き慣れた病名ですが、その病因・病態は未だ十分に解明されておらず、効果的な対症療法はあるものの、根治的な治療法が確 立されていません。 しかし、近年、リウマチの早期診断・早期治療が可能となり、メトトレキ サートや生物学的製剤等の治療薬の効果的な選択により、リウマ チの診療は飛躍的な進展を遂げています。
 特に新規にリウマチを発症した患者においては、早期から積極的な治療を開始することで、リウマチによる関節破壊の完全な阻止を期待できる治療方法が確立されつつあります。

(リウマチ・膠原病治療の名医一覧) 
★北海道・東北エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
齋藤輝信 仙台西多賀病院(宮城県)
 米国に留学し最先端のリウマチ学を習得、帰国後数々の賞を受賞

★関東エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
川合眞一 東邦大学医療センター大森病院(東京都)
 たけしのみんなの家庭の医学でも紹介された名医
山中寿 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター(東京都)
 リウマチ性疾患に特化した施設としては日本最大、症例数も日本一
髙崎芳成 順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都)
 名医が選んだ「50人の名医」で名前の挙がったドクター
竹内勤 慶應義塾大学病院(東京都)
 膠原病、関節リウマチの名医として超有名、メディアにも多数出演
宮坂信之 東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都)
 膠原病・リウマチ性疾患治療のパイオニア、重症患者も受入れ
山田昭夫 東京慈恵会医科大学附属病院(東京都)
 新橋アレルギー・リウマチクリニックでも診療を行う
山本一彦 東京大学医学部附属病院(東京都)
 日本免疫学会の理事を務める自己免疫疾患のエキスパート
山口晃弘 下北沢病院(東京都)
 東大医学部卒、リウマチの治療のため全国から患者が訪れる
内田詔爾 内田クリニック(東京都)
 リウマチの名医として「主治医が見つかる診療所」に出演
龍順之助 日本大学医学部付属板橋病院(東京都)
 変形が高度の関節の治療を最も得意としているドクター
鈴木康夫 東海大学医学部付属病院(神奈川県)
 関節リウマチの薬物療法のスペシャリスト


●辛い関節リウマチでお悩みの方、関節痛に効果のあるプロテオグリカンという物質をご存知ですか?
 テレビ朝日系列「たけしのみんなの家庭の医学」で、リウマチ等の関節痛の緩和に効果が高いと言われるプロテオグリカンという物質が紹介されました。
 このプロテオグリカンは、かつては1g3000万円以上もした希少物質ですが、効率よく抽出できる画期的な方法の開発により、「北国の恵み」と言うサプリメントで初めて量産化されました。
 軟骨成分をそのまま丸ごと摂取出来るのが特徴で、プロテオグリカンを極生(形が崩れていない状態)で配合した画期的な商品です。
 「効果が分からないのに高い代金を支払うのは抵抗がある…」という方のために、僅か480円という安価なお試しセットの購入が可能になっています。詳細は、こちらを参照下さい。⇒ 「北の恵み」お試しサプリのご案内 

●再春館製薬が痛散湯の無料提供キャンペーンを始めました!
 痛散湯は、三叉神経痛、肋間神経痛、後頭神経痛、腕神経痛、坐骨神経痛等の各種神経痛、急性慢性関節リウマチ・肩関節周囲炎(四十肩)等の疼痛への効能で知られていますが、その効能をより多くの方に知って頂くため、試供薬の無料提供キャンペーン(送料も無料)を始めました。キャンペーン期間は未定ですが、折角の機会ですので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。⇒ [痛散湯]無料試供薬のお申込みはコチラ  

●低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!
 リウマチは免疫のバランスが崩れることで起こる炎症性の疾患です。本来生まれたときに持っている、自然免疫力の低下により発症した病気ですから、自然免疫力を正常にし、より高くすることが、症状を軽減させる近道とも言われています。
 自然免疫力を高める方法については、食生活の改善や、生活習慣の改善をするだけでなく、自然免疫力を高める成分を含む食品を摂ることが大切です。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質(成分)を発見しました。ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  購入希望の方⇒ ブロリコ購入  


●リウマチ対策(強張りバランス生薬がリウマチに届く)入浴剤のご案内!
 リウマチ入浴剤ランキング第1位の商品です。納得度91.7%、「自然克服の自信が持てた」の声が続出していると言う、新発想の入浴剤です。詳しくは、


(参考)関節リウマチ、慢性関節リウマチの治療件数ベスト20(全国)

都道府県 病院名 治療
実績
1 鹿児島県 鹿児島赤十字病院 1,127
2 兵庫県 甲南加古川病院 959
3 宮崎県 市民の森病院 809
4 茨城県 水戸赤十字病院 459
5 福岡県 九州医療センター 389
6 福岡県 産業医科大学病院 370
7 北海道 苫小牧市立病院 317
8 宮城県 NTT東日本東北病院 315
9 北海道 市立札幌病院 304
10 大分県 大分赤十字病院 260
11 東京都 東京女子医科大学病院 257
11 北海道 勤医協中央病院 257
13 北海道 釧路赤十字病院 235
14 神奈川県 横浜市立市民病院 232
15 東京都 日本大学医学部附属板橋病院 223
16 大分県 九州大学病院別府病院 221
17 福岡県 飯塚病院 217
18 大阪府 大阪南医療センター 210
19 神奈川県 相模原病院 200
20 長崎県 佐世保中央病院 182
(スポンサードリンク)


※DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績 (2014年4月〜2015年3月退院患者)


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)名医 リウマチ(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)


★中部・北陸・東海エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
石黒直樹 名古屋大学医学部附属病院(愛知県)
 書籍「この病気にこの名医」でも紹介されたリウマチの名医

★関西エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
三森経世 京都大学医学部附属病院(京都府)
 膠原病・リウマチ性疾患の診断・治療のスペシャリスト
志水正敏 志水リウマチ科(兵庫県)
 リウマチ科の疾患に対して、薬剤などによる専門的治療を行う

★中国・四国エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
篠原佳年
わいわいクリニック(岡山県)
 リウマチの名医として「主治医が見つかる診療所」に出演

★九州・沖縄エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
田中良哉 産業医科大学病院(福岡県)
 膠原病・リウマチ性疾患の世界的権威として知られる
川上純 長崎大学病院(長崎県)
 平成12年度日本リウマチ学会賞等、数々の賞を受賞した名医

⇒ 整形外科の名医インデックスへ戻る
⇒ 日本の名医リスト一覧トップへ
 
(名医関連情報へのリンク)
⇒ 関節リウマチ利用のゴッドハンド 
⇒ 関節リウマチを治療する際に知っておいた方がよいこと 
⇒ 手術の予約は8カ月待ち!超人気のリウマチ治療専門医 


関節リウマチについて
 一般的にリウマチと言えば関節リウマチのことを指します。関節リウマチの患者数は70万人とも100万人ともいわれています。
 関節リウマチは、免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。
 また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。
 リウマチのかかり始めには、熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります。その後、小さな関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節など全身の関節に拡がっていきます。
(スポンサードリンク)
 関節リウマチは皮膚、肺などの関節外臓器の症状を伴うこともあり、膠原病の一つとして位置づけられます。関節の破壊は発症2年以内に最も進行するため、極力早期に診断し、適切な治療を開始することが最も大切です 。

- スポンサード リンク -
   

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止