【うつ病の名医一覧】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
    
- スポンサード リンク -
 
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、うつ病の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用下さい。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

(うつ病治療の名医一覧) 
★北海道・東北エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
染矢俊幸 新潟大学医歯学総合病院(新潟県)
 書籍「この病気にこの名医」でうつ病の名医として紹介
 
★関東エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
石郷岡純
東京女子医科大学病院(東京都)
 うつ病治療の名医で、テレビ東京等のマスメディアでも紹介
上島国利 三恵病院(東京都)
 我が国におけるうつ病治療の権威、日本うつ病学会初代理事長
功刀浩 国立精神・神経医療研究センター(東京都)
 NHKスペシャル「病の起源ーうつ病」にも出演した名医
古賀良彦 杏林大学医学部附属病院(東京都)
 うつ病、睡眠障害、統合失調症治療・研究のスペシャリスト
高木洲一郎 自由が丘高木クリニック(東京都)
 あらゆるタイプの患者と対面、診療してきた名医、HPなし
三村將 慶應義塾大学病院(東京都)
 老年期うつ病、認知症等のエキスパートでメディアへも多数出演
貝谷久宣 赤坂クリニック(東京都)
 非定型うつ病等を中心に、種々のストレス性障害の診療を行う
笠原敏彦 笠原メンタルクリニック(東京都)
 国立国際医療センター精神科医長等を経て平成17年に開業
西山詮 錦糸町クボタクリニック(東京都)
 東京大学医学部助教授(精神病理学)等を経て現在同病院院長
南光進一郎 周愛利田クリニック(東京都)
 書籍「この病気にこの名医」でうつ病の名医として紹介
内富庸介 国立がん研究センター中央病院(東京都)
 がん告知後に生じる落ち込みのケア、うつ病の病態研究に従事
山本晴義 横浜労災病院(神奈川県)
 全世界の勤労者から毎年7千件以上のメール相談が受ける名医
清水栄司 千葉大学柏の葉診療所(千葉県)
 認知行動療法のスペシャリストとしてうつ病等の治療にあたる
木村真人 日本医科大学千葉北総病院(千葉県)
 特にに高齢者のうつ病や脳卒中後うつ病治療のスペシャリスト
久保木富房 楽山病院(埼玉県)
 東京大学医学部教授等を経て平成18年に同病院の院長に就任
本橋伸高 山梨大学医学部附属病院(山梨県)
 書籍「この病気にこの名医」でうつ病の名医として紹介

うつ病の名医・有名病院リスト(全国)
うつ病治療のスーパードクター
口コミで評判のうつ病(精神科・神経科・心療内科)の名医
「名医」の最新治療(うつ病減薬治療)と名医詳細情報

うつ病について
 うつ病は決して珍しい病気ではなく、誰でもかかる可能性のある病気です。最近行われた調査では、約13人に1人が生涯のうちにうつ病を経験すると言われています。
 また、うつ病を発症していても4人に3人は治療を受けていなかったというデータもあります。
 うつ病は実際にかかった人にとってはとても大変な病気なのですが、周囲から見るとさほどひどく映らないために放置されがちになります。
 うつ病は患者本人をはじめ家族や友人、会社の同僚など周りの人たちがうつ病のサインに気づき、きちんと治療することで、回復できる病気です。
 うつ病治療の第一歩は、心のサインと体のサインの両方に対する気づきから始まると言えます。
(スポンサードリンク)

●テアニンの持つ抗うつ効果について
 テアニンはアミノ酸の一種でリラックス効果や精神安定作用があります。脳のリラックス状態をもたらし、副交感神経を優位にし、その結果として脳内の神経伝達物質の分泌を正常化する働きがあります。
 国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部部長の功刀浩氏らがテアニンに関する実験を行いました。対象は大うつ病性障害(いわゆるうつ病)患者20名で、先行する薬物治療に加えてテアニン(250mg/日)を8週間投与し、投与前、投与後4週後および8週後にうつ病症状、不安症状、睡眠障害、認知機能について評価しました。
 その結果、テアニン投与後にうつ病症状、不安症状、睡眠障害、認知機能のいずれも改善がみられ、その多くは4週間以内に効果が現れていました。また、テアニンによって患者の苦痛となる副作用は特に起こらず、投与開始後にドロップアウトした患者は一人もいませんでした。
 テアニンは1日あたり200mgの補給が望ましいようですが、220mgと高配合されたサプリメントが登場していますので、ご紹介しておきます。⇒ テアニン220mg配合のサプリメント 



※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)名医 うつ病(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)


 
★中部・北陸・東海エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
加藤正 あらたまこころのクリニック(愛知県)
 うつ病、パニック障害など心の問題をケアするスペシャリスト
粥川裕平 かゆかわクリニック(愛知県)
 うつ病や双極性障害などの気分障害、パニック障害等の専門家
 
★関西エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
木下利彦 関西医科大学附属滝井病院(大阪府)
 平成22年4月より、うつ病専門外来(水・木・土)を開設
 
★中国・四国エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
山脇成人 
広島大学病院(広島県)
 うつ病研究拠点に指定されている広大精神神経医科学のトップ
高木学 岡山大学病院(岡山県)
 統合失調症の名医で、たけしのみんなの家庭の医学にも出演
青木省三 川崎医科大学附属病院(岡山県)
 「NHKあさイチ」で子どものうつについて解説した名医
渡辺義文 山口大学医学部附属病院(山口県)
 中高年のうつ病、難治性のうつ病、摂食障害の治療に力を注ぐ
 
★九州・沖縄エリア
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
神庭重信 九州大学病院(福岡県)
 うつ病のエキスパートで多様なアプローチで治療に取組む
中村純 産業医科大学病院(福岡県)
 書籍「この病気にこの名医」でうつ病の名医として紹介
小澤寛樹 長崎大学病院(長崎県)
 書籍「この病気にこの名医」でうつ病の名医として紹介

⇒ 心の病の名医インデックスへ戻る

(スポンサードリンク)

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止