【網膜剥離の名医リスト】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
    
- スポンサード リンク -

 
 大反響!眼の病気の進行を遅らせるサプリメント!
 抗酸化成分の「ルテイン」を摂取することで、ほとんどの眼の病気の進行を遅らせることが出来ます。テレビ朝日系列の「たけしのみんなの家庭の医学」でもルテインの効果が紹介され、大きな反響を呼びました。詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ 国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】  
  
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、網膜剥離の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用ください。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

 3月28日放送のTBS「スゴ腕の専門外来SP(8)」で、大島佑介先生が、網膜剥離(飛蚊症)の名医として紹介されました。

(網膜剥離の名医一覧) 
★全国
医師名(敬称略)
病院名・ワンポイント解説
清水公也 北里大学眼科(東京都)
 日本における白内障手術、屈折矯正手術の第一人者として知られており、網膜剥離の治療でも定評があります。非常に多くの患者が診察を希望しているため、受診には紹介状が必要。
田中住美 三井記念病院(東京都)
 東大医学部卒業後、日本を代表する多くの外科医に弟子入りし腕を磨く。難治性網膜剥離で約3000例の手術実績があり、網膜剥離の分野で最も高い治療成功率を達成している眼科医の一人。
湯澤美都子 日本大学病院(東京都)
 黄斑疾患を含む網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症等)で来院する患者がほとんどで、網膜硝子体の手術件数は年間約900件と、全国トップクラスの実績を誇る。
竹内忍 竹内眼科クリニック(東京都)
 東邦大学勤務時代から網膜剥離の名医として有名。眼科の超名医と言われる三井記念病院の赤星隆幸先生が、網膜剥離の治療において一流の技術を持つドクターに竹内忍先生の名を挙げている。
深作秀春 深作眼科(神奈川県)
 連日数百人の患者が全国から来院。最新の手術設備と卓越した技術を持つ執刀医により、世界でもトップクラスの件数の硝子体手術を行っている。2014年12月に深作眼科六本木院が開院。
堀口正之 藤田保健衛生大学病院(愛知県)
 増殖網膜硝子体手術、硝子体茎離断術の手術件数全国1位(大学病院実績、2010年)など全国レベルでの実績を誇る。「これが世界のスーパードクター」(TBS系)で紹介された名医。
大島佑介 おおしま眼科クリニック(大阪府)
 年間執刀数2000例を超える網膜硝子体手術・難治性白内障手術を行う眼科手術のスペシャリスト。Best Doctors in Japanに二期連続で選ばれている名医。スゴ腕の専門外来SP(TBS)にも出演。
谷原秀信 熊本大学医学部附属病院(熊本県)
 網膜硝子体手術(網膜剥離、黄斑円孔、加齢黄斑変性等)や緑内障手術を目的に訪れる患者が多く、年間約1200件の手術が行われている。谷原医師はNHK「名医にQ」に出演した名医。

⇒ 眼科の名医トップへ戻る

(参考)
糖尿病網膜症の全国の名医
メディアで紹介された眼科治療のスゴ腕ドクター 
眼科の名医&眼科の実力病院NAVI 
網膜剥離のスーパードクター 

 

 
網膜剥離の治療について
 網膜剥離では、いったん網膜が剥離し始めると、剥離の範囲は徐々に広がっていきます。
 そして、剥離とともに網膜の機能が失われていき、放置すれば失明にいたることもあります。
 網膜が剥離している範囲や程度によって、治療は大きく2つに分かれます。
 網膜剥離の範囲が限られているものに関しては、レーザー光線を網膜に当てることで、網膜剥離の進行を食い止める、レーザー光凝固術を施行します。
 これは、一旦剥がれた網膜をくっつける治療ではなく、網膜剥離をレーザーの土手を網膜上につくることで、剥離の進行を抑える治療になります。レーザー後、特に生活のうえでの制限はありません。

●網膜剥離によって失われたクリアな視界を取り戻したい方には、名医が推奨するルテインという物質がおすすめです!
 瞳の健康が失われる一番の原因は『加齢』、すなわち目の老化です。二番目の原因は『喫煙』で、喫煙者は非喫煙者と比べると、実に3倍のリスクがあると言われています。
 これらの要因に対して、レンズの役割をする水晶体、映像を映すスクリーンの役割をする黄斑には、強い抗酸化物質であるルテインが多く存在し、活性酸素・有害光線から目を守っています。こうした中、上記の考えに基づき、他にはない最高レベルを目指してルテインサプリが作られました。
 白内障手術、加齢黄斑変性、網膜硝子体手術、緑内障手術を専門とする眼科の名医、日本赤十字社医療センターの武井正人先生も、このルテインの効果に太鼓判を押しています。
 詳細については下記のサイトに掲載されていますので、緑内障や白内障、加齢黄斑変性等でお悩みの方はご参照下さい。 ⇒ 国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】  


(参考)網膜剥離の手術件数が多い全国の病院ベスト20


都道府県 病院名 手術
実績
1 東京都 杏林大学医学部付属病院 457
2 群馬県 群馬大学医学部附属病院 402
3 愛知県 藤田保健衛生大学病院 330
4 神奈川県 横浜市立大学附属市民総合医療センター 284
5 栃木県 獨協医科大学病院 264
6 千葉県 千葉大学医学部附属病院 262
7 宮城県 東北大学病院 254
8 東京都 東京医科大学病院 248
9 大阪府 大阪労災病院 242
10 神奈川県 北里大学病院 236
11 千葉県 順天堂大学医学部附属浦安病院 233
12 岩手県 岩手医科大学附属病院 227
12 広島県 広島大学病院 227
14 千葉県 東邦大学医療センター佐倉病院 217
15 東京都 順天堂大学医学部附属順天堂医院 216
16 長崎県 長崎大学病院 214
17 山梨県 山梨大学医学部附属病院 202
18 埼玉県 埼玉医科大学病院 196
19 埼玉県 獨協医科大学 越谷病院 194
19 愛知県 中京病院 194
(スポンサードリンク)


※DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績 (2014年4月〜2015年3月退院患者)


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)網膜剥離 名医(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)


『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止