【抗がん剤治療の名医リスト】 since 2015/1/1
日本の名医トップへ
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
日本全国の名医と言われているドクターを掲載!
 日本の名医navi
 日本の名医を紹介するサイトです 
    
- スポンサード リンク -
 各種がんへの抗腫瘍効果も報告あり!!
 臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証!
 
⇒ 世界で認められた抗ガン漢方薬  
 
 病気の治療をするうえで、患者側が最も重要視するのは、病院・医師選びではないでしょうか。
 当ページでは、抗がん剤治療の名医と言われている全国のドクターをご紹介していますので、ご活用ください。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

抗がん剤治療の副作用と抗がん剤治療の名医 

 抗がん剤治療を受けられる方が、一番不安に感じるのは、副作用に関することではないかと思います。しかし、抗がん剤治療を受けるすべての患者が、同じ副作用を経験する訳ではなく、その症状や程度も様々です。
 また、副作用は薬の種類や量によっても異なります。

(1)副作用が現れる理由
 抗がん剤の特徴は、がん細胞のように速く増殖する細胞を殺すことにありますが、正常な細胞にも増殖の速いものがあり、その正常細胞にも抗がん剤の影響が出てしまうため、それが副作用として現れることがあります。特に、骨髄や消化管の粘膜、生殖器(卵巣や睾丸)、毛根は影響が出やすいと言われています。
 また、心臓、腎臓、膀胱、肺、神経系にも副作用がみられることがあります。白血球や血小板の減少、悪心嘔吐、脱毛、全身倦怠感、口内炎などはよくみられる副作用です。

(2)副作用はいつまで続くのか?
 健康な細胞は、抗がん剤の影響を受けても早い時期に回復します。
 体力や投与される薬により副作用の現れる時期に個人差はありますが、症状は早い時期になくなることがほとんどです。中には手足のしびれなどのように、症状が消えるまでに数ヵ月から数年を必要とする副作用もあり、まれに生涯にわたり付き合わなければならない副作用が現れることもありますが、ほとんどの場合は長期にわたることはありません。
 副作用を軽減するための薬や、手段も改良されてきているので、副作用が酷い場合は、遠慮せずに主治医、看護師、または薬剤師に相談すると良いでしょう。

★抗がん剤治療の名医
医師名(敬称略)
病院名・専門分野
秋田弘俊
北海道大学病院(北海道)
 専門:消化器がん・肺がん他
斎藤聡 三沢市立三沢病院(青森県)
 専門:食道がん・胃がん他
石岡千加史 東北大学病院(宮城県)
 専門:食道がん・大腸がん他
兵頭一之介 筑波大学附属附属病院(茨城県)
 専門:食道がん・胃がん他
佐々木康綱 昭和大学病院(東京都)
 専門:胃がん・肺がん他
畠清彦 がん研有明病院(東京都)
 専門:大腸がん・胃がん他
佐々木常雄 都立駒込病院(東京都)
 専門:胃がん・大腸がん他
渡辺亨 浜松オンコロジーセンター(静岡県)
 専門:抗がん剤治療
福島雅典 臨床研究情報センター(兵庫県)
 専門:肺がん・胃がん・食道がん他

抗がん剤治療の病院・医師選び
 抗がん剤治療においては、画期的な新薬が出現しており、“抗がん剤は効かない”という「がん医療の常識」が大きく変わりはじめたとも言われています。
 日本は長年、外科偏重の傾向があり、抗がん剤治療の専門医の育成が遅れたため、不十分な知識で外科医が片手間に行っている例も多いようです。
 ある名医は「抗がん剤治療は患者にとって命をかけた闘いだ。最新の知識を持つ専門医にためらわずに助言を求めよう」と語っています。抗がん剤治療の際のヒントとして、当ページを参考にして下さい。
 なお、当サイトでは病気に関するご相談等はお受けしておりませんので、ご承知置き下さい。
(スポンサードリンク)

※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)畠清彦 抗がん剤治療(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)


●各種がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。
 世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。


●低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
(スポンサードリンク)

 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

●便秘に悩むがん患者の方の救世主はオリゴ糖!!
 がん患者の方の多くの方が投薬等の影響で腸の働きが抑えられ、便秘になります。出来るだけ快適でストレスのない日々を送れるよう便秘解消に努めることが大切です。
 便秘解消には、オリゴ糖の摂取が有効と言われています。オリゴ糖の摂取により腸内にビフィズス菌が増え、その結果として免疫力が向上するため、がん患者の方に大変好評な対処法です。詳しくは、⇒ 抗がん剤で荒れた腸をオリゴ糖が救います!  



⇒ がんの名医インデックスへ戻る
⇒ 日本の名医一覧トップページへ
 
(名医関連情報へのリンク) 
がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち
ステージ4・ステージ3からのがん治療

癌の有名病院300病院、名医180人を一挙公開!
メディアで紹介された予約殺到のがんの名医
- スポンサード リンク -

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします
-「日本の名医リスト一覧」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止